カテゴリ:作( 9 )
TEPCO
一次審査通過しましたー!!

修論提出二日前の1月24日に公開審査があります。
どうやら強敵揃いらしくどうなるかはわからないけど
自分達の案をよく理解して審査に臨みたい。

修論23日までに終わらんかなー。。
やることがたまってきてるぞー
もうそろそろ会社の通信教育やらねば。。
[PR]
by tomoit24316 | 2008-12-10 11:19 |
ツリー
土日でクリスマスツリーの制作、搬入をしてきました。
去年との連作で今年はシュレッダーにかけられた紙を
堆積させたクリスマスツリーです。
c0173250_116337.jpg

招待作家二人の作品が特にいい!!
c0173250_1181693.jpg

とか言ってる場合じゃないな
心入れ替え修論やります。。
[PR]
by tomoit24316 | 2008-12-09 11:32 |
中之島
先週大阪の中央公会堂でユニオン造形デザイン賞の
表彰式に行ってきました。
c0173250_12323559.jpg

初、生深澤直人で授賞式後の懇親会に期待していたが
まさかの懇親会なしという事態…。
このままではと思い2ショット写真を撮ってもらいました。。(痛い感じで…)
安藤忠雄氏と深澤直人氏の講演会で
深澤氏のパズルの図と地を用いたデザイン論に感動し
そのあとtacumiと二人で軽く打ち上げをして
この前のコンペで知り合ったwashiooにアポをとり京都に。
washiooと合流しwashiooといろいろなデザインについて熱く語り合いながら
居酒屋、washioo家をはしごし
いつの間にか寝てたっていう最高な時間を過ごす!!
washiooの家がおしゃれなだけでなくwashiooの
クラッカーとチーズと干しブドウをさりげなく出すもてなしには驚愕した!!
いきなりの押しかけに付き合ってくれたwashiooは本当神です!!
で朝帰るとき近くのナイスな川辺。
c0173250_12304199.jpg

京都は川の向こうに必ず山が見えるのがいいのかもしれない。。
[PR]
by tomoit24316 | 2008-11-18 12:49 |
藁固
先週また丹後に行ってきました。
ストローベイルというわら入りの壁を使った工房つくりのプロジェクト。
前回はわらを干す作業で
今回は乾いたわらをベイルというわらのブロックにする作業。
c0173250_136780.jpg

結構筋肉を使ったけど楽しく作業できた。
丹後の空気は若干肌寒くでも癒し系の空気でほんと最高。
c0173250_1314111.jpg

夜と昼は最高においしい食べ物とビールをたらふく食べて飲んで
それでまた汗を流す。それでもって温泉に入る。
これはまさに小学校以来の林間学校(tacumiのナイス例えを引用)だと思った。
成人してからの林間学校は小学校のときよりドキドキ感は無いけど
格別なものだなと思ったり。
c0173250_13134239.jpg

こんな経験できて幸せだとしんみりと思ったり。
[PR]
by tomoit24316 | 2008-11-09 13:22 |
ユニオン
以前出した
ユニオン造形デザインコンペに「入選」しました!!

要項には大賞と、奨励賞しか設定されていなかったので
まだ賞金はわかりません。。

でも入選してよかった。
きっとコンペはこれで最後だろうし
最後が最優秀というわけにはいかなかったけど
いい形で終えることができた。
(といってもまたやるかもしれないけど…)

授賞式では深澤直人氏と安藤忠雄氏の講演も楽しみやし
また新しい人に会えるのも楽しみ。

今から授賞式が待ち遠しい!!
[PR]
by tomoit24316 | 2008-10-22 23:26 |
LG
更新が滞ってました。。
最近、内定者説明会の準備やら何やらで
あっという間に時間が過ぎました。

そんなこんなでLGコンペの授賞式に行ってきました。
c0173250_1321456.jpg

相方と二人で記念撮影。
c0173250_1512026.jpg

LGの社長やらチーフデザイナーやら
普通では考えられないようなビックな方々にお会いすることができ
しかも料理もめっちゃおいしくて
最高でした!!(でも賞金がもらえなかったのが痛い。。)
c0173250_1353874.jpg

上位七案に残ったのはどれもまさにプロダクトという感じで
自分たちの案がずれている感満載でした。。
一等の案は人と人とのつながりをデザインしたもの。
携帯をプラネタリウムにみたて
連絡をよく取る人ほど中央の自分の星の近くに来て、あまりとらない人は
自分の星から離れていく。そういうふうにして
人とのつながりを視覚化した作品で、本当にほしいと思わせるものでした!
c0173250_147523.jpg

授賞式の後は受賞者たちで二次会に行ってきました。
もはやコンペの最大の収穫は新しい人との出会いかもしれない、、
c0173250_1525582.jpg

最近秋風がいいなー。
[PR]
by tomoit24316 | 2008-10-21 01:56 |
丹後
以前に書いたアミタ株式会社主催のストローベイルを使った工房作りの作業で
あいにくの雨の中、遠路はるばる丹後に行きました!
着いたところは森に囲まれた作業所
リタイアメントした人8人くらいで町を再生する目的で
農業や畜産、家屋づくりなどの
活動している拠点だそうです。
c0173250_1650211.jpg

まだ何も作業もせず早速猪肉のバーベキューを御馳走になりました。。
猪肉マジうまい!味付け最高!!
c0173250_16512595.jpg

有機栽培で育てられた野菜もうまくてデカい!!
c0173250_16525271.jpg

網を囲みながら談笑中!
ここで軽く自己紹介。
c0173250_16544219.jpg

うまい食事を頂いていざ作業に!
今日は藁を束ねて干す作業。
c0173250_1657378.jpg

c0173250_16571288.jpg

はじめてやりましたが結構楽しく作業できました。
でも農家の人はこれを毎日やってたかと思うと頭が下がる。。

あっという間に作業終了。結構やった感あり!
c0173250_1659773.jpg

雨ということであまり作業もなく
作業後再生中の古民家に休憩しに行くことになりました。
c0173250_1703891.jpg

いろいろセルフで作っているそうですが
様々なアイデアが詰まっていて味わい深い空間になってました!
c0173250_1714772.jpg

空気もよくて景色もよくて本当いい!何回も来たい!!
c0173250_1721643.jpg


しかもそのあと、さらに会社が経営する店で牛乳とアイスクリームを頂きました。
スーパーVIP待遇。あまり作業もしてないのに申し訳ないです。
c0173250_1753771.jpg

この店はストローベイルの壁で作られています。
なかなかナイスな店。
c0173250_1755561.jpg

こんなふうにわらが入ってるんです!
c0173250_178458.jpg

ここの牛乳はあっさりしててそのくせ奥深い味をしています。
罪なやつなんです!!
c0173250_0494488.jpg

その秘密は育て方らしい。
山に牛を放ち、なるべく自然の草を食べさせているらしい。
c0173250_1795279.jpg

パッケージもいい感じ!!
c0173250_1710823.jpg

今回はもてなしてもらうだけもてなしてもらって
あまり作業できなかったから
修論の中間明けにはまた手伝いたい!!
[PR]
by tomoit24316 | 2008-09-24 17:15 |
携帯
2ヶ月ほど前に出した
ケイタイコンペの結果が出た…

結果は20案(何案応募かはわからないけど)に残り、
入賞というものだった。
優秀7案まで残れば賞金がもらえ
グランプリは200万で賞金総額340万円
というコンペだったから
なんともしょっぱい結果で、残念すぎる。。

建築を学んでいる(学んでいるかわからないけど)身から
次世代のケイタイのあり方を提案した。
c0173250_16461972.jpg
c0173250_16462888.jpg

--------------------------------
今後ますますバーチャルな世界が発展していく中で
都市空間というリアルな世界とバーチャルな世界を
媒介するものとしてケイタイを提案した。
ケイタイを通すことでバーチャルな世界がリアルな都市空間に
重ねあわされる。
「窓」を開け閉めすることで、外と内がつながるように
ケイタイをかざしたり、降ろしたりすることで
自由にバーチャルな世界につながったり、つながらなかったりする。
そんなやわらかい結びつきを考え、提案したケイタイを
「MADO」と名づけた。

「MADO」によって
今まで存在していたマス広告が減少し
個人個人にあった広告がケイタイを通して街に立ち現れたり
時にはバーチャルイベントが街で行われるかもしれない。

「MADO」のある世界では
今までは唯一無二だった都市空間に
人それぞれ違う風景が立ち現れる。
ひとそれぞれ街で見えている風景が異なる。
--------------------------------
そんなようなケイタイを提案した。

長い期間審査結果引っ張られた分、期待が膨らんでたなー
マジへこむわーーーー
[PR]
by tomoit24316 | 2008-09-15 17:07 |
木箱
色々しつつ、またコンペを一つ提出しました。
修論でやっている暇がないはずなのに
なぜかやってしまう…

今回のテーマは「小さな木の家
審査員は深澤直人。

右往左往しながらも(あまりしていないかもしれないが)
最終的に行き着いたのが
「小さくて素敵な家物語」
c0173250_20534596.jpg

------------------------------
どんどんと人口も減っていって縮小していく時代の中で
今までのような家の大きさはいらなくなると思う。
そんな時代における家の更新の仕方を提案した。

ある家が新築されて、ある程度年月が経つと
その家が取り壊されるというようなことが今まではたくさん起こってきた。
そんな記憶を一切消し去ってしまうような家の更新方法じゃなくて、
そこにあった「記憶」が徐々になくなっていく
ゆっくりとその場所が更新されていく
そんな家の更新の仕方がいいと思う。

そこで僕らは
壊されようとしている家の屋根や仕切り壁だけを取っ払って
内壁や床仕上げを残す。
その仕上げを切り取るように新しい「小さな木箱」を入れる。
そして今まで室内だったところを庭のように仕立てていく。
というような家の更新の仕方を考えた。

そんな風にしてできた新しい家はもとあった記憶を留めつつ
今の時代にあった生活も許容する小さくても懐の深い家だ。
どんどん昔、家の内部だった部分が風化していく。
昔リビングだったフローリングには少し穴が開いて
草が生えているかもしれない。
タイルも少しはがれて、その変化に年月を感じるかもしれない。

年月が経つにつれて味わい深くなる家。
そんな家を提案した。

結果はどうなるかはわからないけど
こういう風な家の更新の仕方はありだと思う。
------------------------------

というようなたわいもない空想を真面目に考えた数日でした!!
時間ナサす!
[PR]
by tomoit24316 | 2008-09-12 20:59 |